2016年09月26日

(2016/09/26)コマ割り

凡才な自分にもひとつふたつは取り柄はあり、それは『読んでて引っかかりが異様に少ないコマ割り』です。

僕のネームは、表現力や技術力は平凡ですが、なにか良い意味で目が滑るというか、2〜3ページ読みはじめたら、面白いとかつまらないとは別のベクトルで、つい30ページくらい読んでしまう妙な引っかかりのなさがあると思ってます。

いま描いてる読切では、以前ブログに書いた新工程の導入により、ネーム作成能率が上がってさらに引っかかりが減った気がします。

このスキルが、手堅いストーリー力と、『読切』フォーマットと組み合わさるとわりかし威力があって、つまり、2〜3ページ読んだら、理解困難な設定等がなければ、読切の最後までなんとなく目が滑って読んでしまう感じになります(多分)。

この持ち味を読切でより活かすにはどうすればよいか考えると、いつもの変則的な作風よりも、基本的に『王道』を意識した方が良さそうな気がしました。

理由に関しては長くなるので省略します。あと王道といっても妙なキャラやシュールなギャグはできるだけ出します。



読切を有償で先行頒布して、あとで無料でWEB公開すると先日書きましたが、コメント欄でそれは大手じゃないとちょっと厳しいというご指摘を多数いただいたことなどから中止します。

欲に目がくらんだ僕よりも、読者さん方が冷静に状況判断できるでしょうし、うまくいっても+2000円とかそんなセコい話ですしね…(貧民ゆえ2000円でも助かりますが)
posted by 牛帝 at 20:24 | Comment(2) | 漫画文

2016年09月23日

(2016/09/23)100円で先行公開→無料公開案

いま描いてる新作読切が完成したら、まず100円でDL頒布して、一ヶ月後くらいにpixivやニコ静で無料公開する作戦をやってみようかと思いました。

コピー誌をイベント後にWEBで公開するような感じです。

候補としてまず『note』を試してみました。良いフィーリングだったのですが、以下の問題点が。

  • 最大30ページまでなので、32ページ予定の新作は2ページ削らなきゃならない
  • なぜか画質が落ちる

そのため多分、やるとしたら『BOOTH』を選ぶと思います。現状、被お気に入り数はpixivがもっとも多いですし、運営母体を揃える的なアレでも。

(ちなみに、自分のショップはまだ作って)ないです。
posted by 牛帝 at 12:51 | Comment(5) | 漫画文

2016年09月22日

(2016/09/22)新作読切の制作工程

orehamada_name.jpg

新作読切『俺はメッチャ本気出してこれ』制作中です。
同人ノベルゲーム制作がエターなる(未完のまま終わる)話です。全32ページ予定。



最近は、シナリオ→ネームの順で漫画を描いています。

ネームのやり方が少し特殊で、塀内夏子先生の漫画技法書『雲の上のドラゴン なつこの漫画入門』を参考に、B4版くらいの大きな紙を18マスに区切って、1マスを1ページとして小さいネームを切るやり方でやっていました。

今回は、それをデジタル化してみました。クリスタ上で巨大な1枚キャンバスを作成。32マスに区切り、1マスを1ページとしてネームを切っています。

というか、完成品がペイント漫画なので、原寸原稿サイズである『850px×600px』のコマ枠を32個並べました。
縮小表示すればミニネームになりますが、実際は原寸で描いているため、そのままシームレスに下描きにもなります。

デジタルでネームを切ると、ページをまたいだ修正が非常に面倒なので、ネームはアナログ最強派でしたが、このやり方だと、ページをまたいだ修正も楽で、アナログよりも良いくらいではと現時点では思ってます。



現在の制作工程。

  • シド・フィールドのワークブックの手順で、Evernoteでシナリオを執筆。
  • クリスタ上に、ペイント漫画原寸サイズのコマ枠を32個並べた巨大ネーム(兼・下描き)用紙を作ってネーム。
  • 上に清書用レイヤーを作り、そのまま清書。
  • 完成原稿を32分割して32ページに分ける。



『ジャンプ流』の秋本治先生の号を買ってみたところ、クッソ参考になります。ていうか仕事場片付きスギィ!!
posted by 牛帝 at 22:10 | Comment(4) | 漫画文

2016年09月20日

(2016/09/20)読切WEB漫画流行らせコラ

16〜60ページくらいのオリジナル読切もっと流行らせコラ感があります。
需要はあると思うし、ページ数が比較的少ないので作家側も描きやすい。
『オリジナル読切WEB漫画専門の投稿サイト』があっても良いと思いと思います。
posted by 牛帝 at 12:27 | Comment(0) | 漫画文

2016年09月19日

(2016/09/19)メールフォーム修理しました

牛帝宛メールフォーム

壊れていた牛帝宛メールフォームを修理しました。自分でテストしたら大丈夫そうでしたが、もし問題がございましたらご一報下さい。
posted by 牛帝 at 11:57 | Comment(0) | 日記